テイクオフ 小川直久のサーフィン上達プログラム 初心者 一人 練習

テイクオフのコツ

テイクオフのコツを知って練習すると上達が早いですね。
特に、サーフィン初心者が必ずと言っていいほどぶつかるのがテイクオフのタイミングが掴めないということではないでしょうか?

 

 

この原因として考えれるのは、サーフボードがスーッと波に押されて走り出す一瞬の感覚が分からないことです。
テイクオフのタイミングは、後からくる波にサーフボードが押されると、パドリングの感覚が変わってきてテールが徐々に上にあがってくるようになります。

 

 

スピードが出てスーッと波に押される瞬間がボードが滑り出した時になり、この時がテイクオフのタイミングになります。そして、テイクオフを上手く行うには、体の重心移動が欠かせません。

 

 

波に押されてボードのテールがしだいに上がってきたら重心をノーズの方に胸を反らして移動し、更にボードを走らせるようにします。
この重心を上手く移動させないとパーリングしてしまいます。

 

 

重心移動のやり方としては、波に遅れないようにパドリングをし、重心は体のお腹あたりにあるようにして、波が追いついてきてテールが上がってきたら、ノーズよりに重心を移すようにします。この時に、気をつけなければいけないことは、重心をノーズに置くのではなく、ノーズよりに重心移動することで、ボードが更に走るようにさせることが出来ます。

 

 

そして、ボードが走り出したらレールを掴み上体を反らして、ボードの中心に重心がくるようにして、、スピードがあるうちに素早くスタンドアップします。
波によっては多少重心の位置は変わりますが、基本はボードの中心になるようにすると良いでしょう。

 

 

なお、ボードがスーッと波に押され滑り出す瞬間のタイミングを掴む為には、練習あるのみです。

 

 

この現役プロサーファー小川直久さん監修のサーフィン上達プログラムDVDでは、テイクオフの一連の動作がとてもやりやすくなる手と足のつく位置、ワンランク上の斜めテイクオフの方法などコツが満載です。

 

サーフィン上達プログラムDVDの詳細を見てみる

 

 

page top