フロントサイドターン 小川直久 サーフィン上達プログラム 初心者 一人 練習

フロントサイドターン

フロントサイドターンが上手く出来ますか?
サーフィンでのフロントサイドターンは、身体の正面に体重移動をして、つま先に方向にターンをすることですね。

 

 

顔が正面を向く体勢なので、波が良く見えるので方向や力などのコントロールしやすいとは言え、初めはしっかり基本を覚えることが大切です。

 

 

フロントサイドターンのやり方としては、腰を落として、曲げている膝を進行方向に向け、視線もターンする方へ向けます。
そして、つま先に重心をかけて少しずつレールを海面に潜り込ませていけば、ボードがカーブしていくのが分かる筈です。
ターンの出口では膝を伸ばすようにして、足でボードを押し出します。

 

 

また、サーフィンを始めたばかりの初心者の方で、ターンする時にスピードが落ちて失速してしまうという人も多いのですが、この原因のひとつには、体重がうまくボードに乗っていないことが考えれます。

 

 

これは棒立ちに近い状態でのライディングポーズになっていることが多いので、ターンで失速しないようにする為には、ティクオフからしゃがんだ状態でターンするところまで行き、立ち上がりながらターンをするとスピードを落とさないでターンがしやすくなります。

 

 

膝を曲げて上体を安定させようにすることで、体重が上手くボードに乗り、そして曲げていた膝を伸ばす時にボードがおのずとターンしていきます。
キレのあるシャープでスムーズなターンをするには、曲げた膝を使って徐々に体重移動させることがコツです。

 

 

この現役プロサーファー小川直久さん監修のサーフィン上達プログラムDVDは、初心者からでもしっかり映像を見て学び実践することで、素早く良い波をキャッチして、キレのあるターンなどの技を決められるようになれるでしょう。

 

プロが教える初心者からでも最短で上達出来るコツと練習方法!

 

サーフィン上達プログラムDVDの詳細を見てみる

 

 

page top