ターン 種類 小川直久のサーフィン上達プログラム 初心者 一人 練習

ターンの種類とその重要性を知ろう

サーフィン初心者の方は、テイクオフが出来るようになったらターンをマスターすることが必要になりますね。
テイクオフから何もしなければ、波打ち際までサーフボードの上に乗ったままで終わってしまいます。

 

 

ターンを駆使することで方向転換やより大きな技に挑戦が出来るようになるのです。
そして、まず波の位置によってどのようなターンが出来るのか、初心者の人はしっかり種類を理解しておくことが重要ですね。

 

 

サーフィンのターンの種類を大きく分けると、波の下の部分であるボトムと、波の上の部分であるトップに分けることが出来ます。
そして、フロントサイドとバックサイド、もしくは波の中間でのターンの使い分けをすることで、波への対応力が上がるのです。

 

 

その中でもボトムターンは、サーフィン初心者が最初に覚えるべきターンで、波のボトムでターンし、トップに向かってサーフボードを方向転換させ、より加速して次のターンや技に繋げることが出来るよになります。

 

 

トップターンは、波の頂上近くでターンするテクニックで、ボトムターンからの加速を使って波をかけ上がって、トップの位置でターンをするのが基本です。

 

 

また、ターンは波のパワーがあるところに持っていく重要なテクニックでもありますね。
波の崩れ方によって、小さくボトムとトップターンを繰り返すアップスアンドダウンやサーフボードの進行方向を変える為に切り返すカットバックなどの応用のターンも必要になってきます。

 

 

いずれにしてもこのようなターンの重要性を認識して、海の状況や波の大きさに関わらずあらゆるターンが出来るようになり、思いきりサーフィンを楽しめるようになりましょう。

 

 

最短で初心者レベルを簡単に脱出できる方法

素早く良い波をキャッチして、キレのる技を決めることが出来ます。

 

サーフィン上達プログラムDVDの詳細を見てみる

 

 

page top