ボトムターン コツ 小川直久のサーフィン上達プログラム 初心者 一人 練習

ボトムターンのコツ

ボトムターンが上手く出来ますか?
ボトムターンは、サーフィン初心者が最初に覚えるべきもので、波のボトムで大きくターンして、サーフボードをトップに向かって方向を変えるのです。

 

 

そうすることで、ボードが加速して、次のターンや技などに繋げることが出来るようになります。
したがって、サーフィンのターンの中でも最も大切なテクニックとも言え、波のトップで様々な技などを繰り出す為にも、ボトムターンを使ってサーフボードを加速させることが重要になってきます。

 

 

そして、サーフィン初心者は、テイクオフの状態から、重心移動でサーフボードの進行方向の変え方を覚えて、波の下部分のボトムのどの位置でターンをするのかしっかり思い描いて行うことが大切になります。

 

 

そんなフロントサイドでのボトムターンのやり方の一連の流れとしては、テイクオフからサーフボードを安定させ、つま先に重心をかけます。
そして、徐々に後ろ足に重心を移動させて、トップに向かってターンをします。

 

 

この時に大きく弧を描くようにターンをして、レールが沈んでいる時間を出来るだけとるようにします。
また、ボトムが最も低いところでは、目線を下から見上げるように、進行方向のトップ位置に目線を持っていき、胸を突き出すようにターンをしましょう。

 

 

このように目線を常に進行方向に持っていくことがボトムターンのコツで、そうすることで次のアクションがイメージしやすくなるんですね。

 

 

いずれにしても、フロントとバックサイドが出来るように練習することが大切になりますが、テイクオフしてからボトムターンする時に、フロントだと斜めに走ってしまう人がいます。
これを改善するには、テイクオフするときの初動のパドルをはやくしてスピードを維持してテイクオフすると良いです。

 

 

そうすることで、その後のボトムとの間合いを作れて余裕ができ、まっすぐ降りてからスピードを維持できるので、そこからボトムターンに入れます。

 

 

なお、バックサイドでのボトムターンは進行方向が見にくいので、ターン自体が浅くなってしまうことが多いものです。
その為、肩で誘導するように腰を落として、しっかりかかとに重心を乗せ、ターンを少し遅らせてタメを作ってから進行方向のトップに向かってターンをしていくと良いでしょう。

 

 

この現役プロサーファー小川直久さん監修のサーフィン上達プログラムDVDは、テイクオフからボトムターンが上手く出来るようになるポイントやコツ、練習方法を初心者からでも分かりやすいように段階を踏んで紹介してあるので、この機会にしっかり学べばその後の上達が早くなるでしょう。

 

テイクオフしてボトムターンする時に、フロントだと斜めに走ってしまうのを改善する方法とは?

 

サーフィン上達プログラムDVDの詳細を見てみる

 

 

page top