トップターン コツ 小川直久のサーフィン上達プログラム 初心者 一人 練習

トップターンのコツ

トップターンは、ボトムターンで加速したサーフボードを波のトップの位置でターンをするテクニックですね。
当然、波のトップに向かっていけば、何もしないでいるとプルアウトになるので、再度ボトム方向にボードを転換させて再び加速させる為にトップターンをします。

 

 

いわばサーフィンの多くの技はこのバリエーションとも言え、波のトップでターンを繰り出して大技に繋げます。
例えば、ターン動作を小刻みに小さく速く行うようにすれば、波の勢いがあるパワーゾーンにボードを戻すのに使われるリエントリーになりますし、波の先端で行うようにすればオフザリップという難易度の高い技になります。

 

 

そんなトップターンのやり方の一連の流れとしては、トップに向けてサーフボードを加速させて、上がりすぎる前にかかと側に重心を掛けボードを返す体勢になります。
そして、足腰を柔軟に使って体のバランスを保ち、ちょうどいいところでボードを返してボトムに向かってターンをします。

 

 

また、この時にボトムターンに加速が十分にないとボードが傾きやすくなり、体のバランスを崩してしまい、上での技も躍動感が出ずダイナミックに行うことができません。
したがって、姿勢を出来るだけ維持して体の軸がぶれないようにしてボードをコントロールし、ターンをすることがトップターンのコツです。

 

 

その為にも、目線を進行方向に向けてバランスをとりましょう。
それでなくても体勢が崩れやすく、ボードに波を合わせるのが難しいので、進む下方向に目線を維持するようにすることでやりやすくなります。

 

 

なお、フロントサイドだけではなく、バックサイドでも必要になってくるので、今のうちにしっかり出来るようにマスターしておきましょう。

 

 

サーフィンが短期間で上達するコツや練習法が満載!

 

サーフィン上達プログラムDVDの詳細を見てみる

 

 

page top