アップス コツ 小川直久のサーフィン上達プログラム 初心者 一人 練習

アップスのコツ

アップスが上手く出来ますか?
ボトムターンとトップターンを短い間隔で繰り返すのがアップスですね。

 

 

正式にはアップスアンドダウンと言いますが、次の技に移る為に、波のパワーポジションに移動する方法として使い、膝の曲げ伸ばしを繰り返しながら波の斜面を走り抜けるような感じで、ターンを繰り返します。

 

 

そんなアップスのやり方は、テイクオフしたらボトムまでに行く前に、腕を回しながらバランスをとりトップ方向へ小さくターンを行い、次にトップまでに行く前に素早くボトム方向にターンを小さくを行い、リラックスしてトップへ。

 

 

この時には、レールを入れてスピードを上げ、レールを入れた時の跳ね返す力(反動)を利用します。
この繰り返しが、アップスアンドダウンのターンです。

 

 

また、サーフボードがボトムに向いている時には、腰を落とすようにするとスピードアップします。
波の崩れ(ブレイク)を走り抜ける為には、加速が重要になるので、これがアップスのコツと言えるかもしれませんね。

 

 

更に、波の崩れを抜ける為には、フロントとバックサイドの両方出来るようにすることが大切です。
つま先側レールでターンをしたら、次は踵側のレールでターンをし、スタンスの重心移動にも意識を向けて屈伸を使って体を上下動させながら、一定のリズムでターンを繰り返しましょう。

 

 

この現役プロサーファー小川直久監修のサーフィン上達プログラムDVDでは、波の上での上下の屈伸等のアップスのコツが、実演での映像で分かりやすく解説してあるので、しっかり取り組めば短期間で、波の斜面(フェイス)を自由に移動することが出来るようになれるでしょう。

 

アップスのコツをお教えします!

 

サーフィン上達プログラムDVDの詳細を見てみる

 

 

page top