DVDの収録内容 小川直久のサーフィン上達プログラム 初心者 一人 練習

DVDの収録内容

現役プロサーファー小川直久さん監修のサーフィン上達プログラムDVD2枚組の収録内容は、初心者が上達する為の基本のパドリングから、知って置かないと損するコツやテクニック、陸上での練習方法などが余すことなく紹介してあります。

 

 

 

DVD1の収録内容

 

●サーフボードの選び方
レンタルボードを借りる時など、その日の波の状態を見てボードの選び方が変わってきます。

 

●サーフィンしやすいポイントの選び方

人の多い所より少ないところから入っていくなど、楽しくサーフィンする為の場所選びのポイントが解説してあります。

 

●サーフィンのマナー
サーファーにとって最も大切なルールのひとつが波を待っている時のモラルです。
一つの波には一人が原則なので、前乗りは厳禁ですし、ゲティングアウトする時に、人のラインを邪魔などをしてはいけません。
これらを守らないと、二度とその海に入れにという事態を招きかねません。マナーは特に気をつかいたい部分なので、この機会にしっかり覚えておきましょう。

 

●パドリング

ボードに乗る位置、手のひらの形、水のかき方、肩甲骨を意識して行う、パドル時の足を乗せる位置など、悪い例なども交えながら映像でパドリングを楽にするコツが分かりやすく解説してあります。

 

●ドルフィンスルー
まるでイルカのように、海中を潜って波をやりすごす時のとっておきの技であるドルフィンスルーの原理から、両腕と片足の3点を支点にボードを沈めるなどのコツが学べます。

 

●波待ち
正しい波まちの姿勢やポジション、方向転換の手足の使い方、波の見方(見つけ方)などが紹介してあります。
うまいサーファ―は波がくるのをただ待っているような波待ちはしていません。
沖にうねりを見つけたら、すぐさまボードを反転させ波が割れそうな場所にパドリングを開始し掴まえに行きます。

 

 

DVD2の収録内容

 

●テイクオフ
パドル時の目線、ボードの角度、手をつく位置、前・後ろ足の立つ位置、足の運び方、立ってからの姿勢、体の向き、立ってからの目線などのコツが学べます。

 

●斜めテイクオフ

真っ直ぐに乗れるようになってきたら、横に乗ることで長く波に乗れるので、その為にも斜めテイクオフが必要になるので、覚えておきましょう。

 

●アップス
波の上下でターンを繰り返し、ボードを加速させるながら横に乗り続けるテクニックです。
トップからボトムでは膝を曲げて前足荷重、ボトムからトップでは今度は膝を軽く伸ばして後ろ足荷重にすることでスピードをつけます。
このように、膝を使って加速させて次の技に繋げるなどのコツが分かります。

 

フロントサイドのアップスは、テイクオフをマスターした脱初心者が波を乗り続ける為に最初にマスターしたい技ですし、上級者にとっても加速する時に必要になるとても大切になるので、やり方を知って身につけておきましょう。

 

●カットバック
波の乗っていて、先に行きすぎてしまった時に、波の崩れているきわ(パワースポット)を目指して戻るテクニックで、そのやり方が分かります。

 

●ボトムターン

文字通り、波のボトムでターンをすることで、波のトップで行うあらゆる技に繋げていきますので、陸上の跳躍競技なら助走にあたる部分です。
その為、これを行う目的は大きく分けて2つあります。

 

一つはボードに勢いをつける、もう一つは特に重要な次の技のタイミングをはかるためです。
例えば、もう少し波がせり立ってからが良いという場合には、大きめのボトムターンで時間稼ぎをしてタイミングをはかりながらトップへ上がることで、技の成功率がアップします。
実演でのスロー映像で解説しながら、体の向きなどのコツが紹介してあります。

 

●陸上トレーニング
サーフィンには腕の筋肉は欠かせません。長くやっているとパドリングで肩周りの筋肉は自然とついてきますが、初心者のうちは意識的に鍛えておくことが大切です。
腕立て伏せなど、色々なやり方がありますが、ゴムを使ったトレーニングのやり方が学べます。

 

●ダイジェスト
これまでの一連の流れです。

 

 

以上が、現役プロサーファー小川直久監修のサーフィン上達プログラムDVD2枚組の収録内容です。
実際に見た感想としては、映像も鮮明で、解説の声も聞き取りやすいです。
重要なポイントにはテロップも表示され、水上の実演もスロー映像で解説してあるので、動作などが初心者が見ても分かりやすいように感じました。

 

 

ただ、カットバックとボトムターンで、もう少しやり方が詳しく解説してあると良かったなと思いました。
ですが、陸上で体の使い方のコツやトレーニングもしっかり学べるので、これでイメージを掴んでから、海に入ることで効率よく上達出来るように思います。

 

 

初心者からでも上達が早い人とそうでない人の分かれ道は、実際に海に入っていない時間にどれだけ練習するかです。
パドリングがなかなか前に進まなかったり、テイクオフで四苦八苦しているなど、効率よくレベルアップして思いきり楽しみたい方は参考にしてみてくださいね。

 

 

プロが教える初心者からでも最短で効率よく上達出来る方法

 

サーフィン上達プログラムDVDの詳細を見てみる

 

page top